大山漢方堂薬局  特集:更年期障害と東洋医学(漢方薬・鍼灸)、臨床心理学

更年期障害に効果的な漢方薬
更年期の女性とメンタルヘルス=臨床心理学(心の健康、カウンセリング、メンタルトレーニング)

特集:更年期障害の悩み
更年期障害とは、卵巣機能の低下によるエストロゲン欠乏、特にエストラジオールの欠乏に基づくホルモンバランスの崩れにより起こる症候群といわれています。
女性では、閉経(50歳前後)に女性ホルモンであるエストロゲンが低下することによって発生します。
更年期障害と診断される人は、更年期女性の2~3割とされており少なくありません。
症状は多岐にわたりますが、心身の不調がおもです。
漢方では、自律神経失調症様の症状、たとえば、動機、血圧変動、腹痛、微熱、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、
肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛といった心身の不調和を総合的に解消していきます。
また、精神的な安定ももたらされます。



更年期を迎えると体にさまざまな変化が現れます。 思い当たる症状があるかチェックしてみましょう。

1 最近、月経周期が早くなったり遅くなったりして乱れがちである。
 日本女性の平均的な閉経年齢は約50歳です。この前後10年くらいの期間を更年期と呼びます。
 更年期には、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が不規則になったり、減少したりします。
そのため月経周期の乱れや、月経血量の増減、月経の期間が長くなったり短くなるなど、身体にいろいろな変化が起きています。
 月経周期が不規則になるため、子宮筋腫や子宮がんなどの病気による出血があったときにも紛らわしく気づかない場合があります。子宮がん検診は必ず受けましょう。
 また、月経が不安定で排卵の時期も特定できません。思わぬ妊娠をしたり、月経の遅れだと思い込んでいたら、妊娠だったということもあります。正しい避妊を忘れずに。

2 気温に関係なく顔がほてったり、のぼせや大量の発汗がある
 暑くもないのに突然顔や胸のあたりがカッとほてったり、大汗をかいたりすることはありませんか?
 これをホットフラッシュといい、エストロゲン減少に伴って起こる代表的な症状です。更年期の比較的早い時期にみられます。
 人によって症状の出方も違い、1日に何度も繰り返し起こる人、何日か間をおいて起こる人もいます。
 数カ月で治まる場合がおおいのですが、中には何年も続く人もいます。このような症状は、ある時期を過ぎれば必ず治まるので心配ありません。
 ほてりやのぼせがひどく、外出がおっくうになる、人に会うことさえ気後れするなど、婦人科を受診して相談してみましょう。

3 心臓がドキドキしたり、息苦しくなるなど、動悸や息切れがよく起こる
 まず気になるのが心臓病です。また、貧血や甲状腺機能亢進症などの場合にも、動悸や息切れが起こるし、
寝不足や過労が過労が重なったり、不安や心配が高じたときにも起こります。
 また、肥満が原因で起こることも。肥満は糖尿病や、動脈硬化など、さまざまな生活習慣病の引き金になるので、中高年以降は注意が必要です。
 一方、更年期症状としてみられる動悸や息切れは、自律神経の失調が原因です。
エストロゲンの急激な減少や、不規則分泌が、心臓の拍動や血管の収縮などをコントロールしている自律神経の働きを乱すといわれています。
 症状が軽く、日常生活に支障がなければ治療の必要はありませんが、念のために心臓病のチェックや血圧検査を。

4 手足がひんやり冷たくなったり、腰から下が冷えやすくなった
 これまで冷えなど経験なかった人でも、更年期を迎えると手足の冷えが起こることがあります。
 これもエストロゲン減少による自律神経の失調が原因です。血管の拡張や収縮をコントロールしている自律神経の働きが乱れ、血液の循環が悪くなるために冷えが起きます。
 ほてりやのぼせをともなう”冷えのぼせ”の状態になる人も多いようです。貧血や低血圧が原因で、冷えの症状がひどくなっている場合もあるので、これらのチェックも必要です。
 毎日の生活では、冷たいものをあまりとらない、適度な運動、足温浴をする、手軽に羽織れるものを用意しておくことが大切です。なかなか症状が改善されず、つらいときは婦人科に。

5 首筋のこりや肩こり、背中の痛みが最近ひどくなった気がする
 筋肉の量が男性に比べて少ない女性は、少ない筋肉で重い頭を支えるので肩や首筋がこりやすいのです。
 若い時は肩こりがなかった人でも、中年と呼ばれるころから肩こりや首筋の凝りがひどくなることも。
 これは筋力の衰えが原因で、運動不足の人ほどつけがまわってきます。
 これを機会に体にいいことをひとつ始めてみませんか?水泳、社交ダンス、ウォーキング、ヨガなど楽しめるものでいいのです。
 適度な運動は全身の循環を良くし気分転換にも役立ちます。
 視力が低下していたり、血圧が高い場合も肩がこることがあります。視力検査で現在使っている眼鏡の度のチェックや血圧測定もしておきましょう。



更年期の主な症状

①ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ・発汗等)
②冷え症、手足が冷たい
③疲れ、だるさ、倦怠感
④めまい、立ちくらみ、耳鳴り
⑤頭痛、頭が重い
⑥不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い
⑦どうき、息切れ
⑧肩こり、腰痛
⑨イライラ、不安

更年期障害のつらい症状である不定愁訴を改善するための、一番よい方法が、東洋医学、漢方薬、鍼灸治療です。
東洋医学(漢方薬・鍼灸)は、痛みには鎮痛薬といった西洋医学のような対症療法とは異なり、
からだ全体の状態を総合的に診て、崩れたバランスを元に戻す治療を行います。
そして同じ症状でも、その人の体質によって処方される漢方薬の種類が異なるというのも大きな特徴です。
からだ全体の調子が整うことで、一つの症状だけでなく複数の症状が改善されることもめずらしくありません。

漢方医学には「気・血・水」という考え方があります。「気・血・水」とは、人間のからだを構成している基本的な要素です。
この3要素は互いに影響しながら支え合い、バランス良くからだの中を循環している状態が健康であり、
そのバランスが崩れると、さまざまな症状となって心身に影響を及ぼすといわれています。

「気」とは、目に見えないもので、人が活動するために必要とするエネルギー(元気、生命力、精命力など)をさします。
気は通常、頭から手足の方に向かって流れていますが、この流れが逆流してしまうと、のぼせ、めまい、頭痛、イライラなどの症状が現れます。
また、この気の流れがスムーズにいかなかったり、十分な量の気がない状態でもさまざまなからだの不調が現れます。
「水」とは、血液以外の体内にある体液、水分(リンパ液、涙、汗など)をさします。
水は通常、からだのいたるところに必要な量が存在していますが、ある部分に偏って存在することによって、めまい、むくみなどの症状が現れます。
「血」とは、血液やその流れのことをさします。血液の流れがスムーズにいかなかったり、
その量や機能が不足してしまうことによって、冷え症、頭痛、肩こり、疲労倦怠感などの症状が現れます。

女性ホルモンのバランスが乱れる更年期は、身体そのものには異常がないのにさまざまな場所に不調が起こりやすくなっています。
このような不定愁訴への対処は、からだ全体のバランス(気・血・水のバランス)を整える東洋医学(漢方薬・鍼灸)が得意とする分野の1つです。
更年期障害の不調を訴える女性の多くは、肩こり、頭痛、のぼせ、冷え、ふらつき、イライラなど同時にいくつもの症状に悩まされています。
それに対し、例えば、血のめぐりを良くする漢方薬を服用すればて、肩こりも、頭痛も、のぼせ、冷え、ふらつきも、
血のめぐりの悪さからくる複数の症状を改善していくことができます。一つの症状に一つの薬という対症療法ではなく、からだ全体のバランスを元に戻す治療法。
東洋医学(漢方薬・鍼灸)のチカラを上手に取り入れて、「気・血・水」のバランスを整え、更年期をのりきりましょう!

更年期症状に、大山漢方堂薬局で普通に用いられる漢方薬は、当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸などがあります。
当帰芍薬散は、主に、むくみや冷えなどの症状がある(体力が虚弱の)方に、
加味逍遙散は、いらいらや精神不安などの症状のある(体力中等度以下の)方、
桂枝茯苓丸は、冷えのぼせなどの症状のある(比較的体力のある)方に使われる処方です。
また、大山漢方堂薬局の更年期障害に効く厳選漢方薬「連珠飲」は、のぼせやふらつきを感じる
(体力中等度またはやや虚弱の)方に特に効果的です。
まずは、あなた自身の一番つらい症状はなにかを知ることが大切です。
そして、大山漢方堂薬局で、自分の体質にあったものを選びましょう。
できあいの漢方薬で、あまり効果を感じない場合は、さらに効果的な、漢方専門大山漢方堂薬局の調合漢方薬(オーダーメイド)をお奨めします。
いつでもご相談ください。 TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)



更年期障害の相談 調合漢方薬専門 大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432 TEL: 0283-22-1574
E-mail to ohyama@poem.ocn.ne.jp
漢方専門 大山漢方堂薬局、附属 大山鍼灸院    



大山漢方堂薬局、大山鍼灸院
大山漢方堂薬局附属大山宗伯東洋医学記念館
(東洋医学、漢方薬、鍼灸、臨床心理学)
健康相談

  

特集:不妊症と東洋医学(漢方薬・鍼灸・経絡ツボ療法) 薬食同源と伝統医学(漢方薬、鍼灸) 臨床心理学

不妊症の相談 調合漢方薬専門 大山漢方堂薬局 不妊治療専門鍼灸治療室
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432 TEL: 0283-22-1574
E-mail to ohyama@poem.ocn.ne.jp



Dr. Ohyama Kampo Pharmacy Web-Page
TEL: 0283-22-1574



2015. 4
(平成27年4月)
大山漢方堂薬局(同鍼灸治療室)統括主幹

President & Chairman
Meister of Medical Science
Dr. HIROYUKI OHYAMA (Ph.D).



岡山大学医学博士(分子細胞医学 神経情報学、脳代謝 機能生化学)
徳島大学薬学修士(製薬化学 生物薬品化学)
大山博行 
Dr. HIROYUKI OHYAMA(Ph.D).

特集:女性のがんと漢方薬(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、乳がん、子宮内膜症、子宮筋腫)




漢方健康相談のお問い合わせは、:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ)

 漢方専門 大山漢方堂薬局 Web-Page


特集:がん関連の不安・悩み、(発がん、ステージⅢ、手術、抗がん剤、放射線治療に関する悩み)

女性のがん(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、乳がん、子宮内膜症、子宮筋腫)と漢方薬

がんの術後に漢方薬を処方するケースは案外多いものです。
この場合は、漢方薬によって治療を行うというわけでなく、西洋薬との併用を行うのが一般的です。
多くの場合、西洋医学による処方や、がんの症状によって低下してしまった機能を補う目的で漢方治療がなされます。
西洋医学では、がん細胞をターゲットに治療が行われているため、患者さまの体力低下や副作用には、あまり焦点が当てられていません。
しかしながら、抗がん剤内服時や手術後は、著しく免疫力が低下しさまざまな感染症にかかりやすくなるだけでなく、本人自体の気力や体力も大きく削がれます。
それを補うのに最適なのが漢方薬なのです。 代表的な症状は、吐き気や食欲不振・下痢・嘔吐といった消化器症状。
また、どうにもならないような全身倦怠感、脱力感などの自覚症状の改善も目指していきます。
総合的に体を元気にしていくことによって、免疫力を改善する目的で漢方治療が行われています。
また手術後というのは、再発予防が大切になりますが、免疫力を高めることによって再発予防を行っていくこともできます。

「漢方専門 大山漢方堂薬局で、調合する漢方薬について、」
漢方薬は、西洋医学で処方される薬剤とは大きくことなります。
一般的に、漢方薬は生薬といわれる成分のうちのいくつかの種類を混ぜ合わせて使われます。
患者さまの使用目的や体質などによって、使用する種類や分量、混ぜ合わせる配分また服用方法や時間などがことなってきます。
主成分である生薬とは、天然成分である動植物や鉱物を原料とし、これらにあまり手を加えずに使用するものをいいます。
現在、使われている生薬は、ほとんどが植物性のものであります。生薬は、明治時代までは、きぐすりと呼ばれていました。
多くの場合単独で用いられることはありません。いくつかの生薬を、専門家によって決められた配合で、
決められた方法で内服してはじめて漢方薬であるといえます。
逆に言えば、この組みあわせの妙こそが漢方薬のきもであるともいえるでしょう。

「漢方専門 大山漢方堂薬局の調合漢方薬と一般のできあいの漢方薬の違い」
最近では、漢方薬は一般的なものになってきており、一部のものはドラッグストアなどでも気軽に買えるようになりました。
では、漢方専門 大山漢方堂薬局で調合する漢方薬と、それらの漢方薬とでは、どんな違いがあるのでしょうか。その違いは、「証」にあります。
西洋医学では、「風邪ならばこの薬」、「胃痛にはこの薬」といったように、症状に合わせて薬がきまっています。
しかしながら漢方では、症状ではなく患者さまの状態を診ます。そしてひとりひとりにあった診察や処方を行うのです。
「証」とは、患者さまの個々の体質や体力によってことなるもので、「陰証と陽証」、「表証と裏証」など、さまざまな証があります。
一般的によく聞かれるものが「虚証と実証」です。 これはその人の外見や体力をあらわすもので、証の基本となります。
これらの「証」に適切な漢方薬を用いることで、はじめて効果があると考えられています。
やみくもに漢方薬を口にしたとしても、それが適切な「証」でなければ効果がないのです。
そういった理由から、漢方薬の服用を希望する場合は、専門家に調合してもらうことをお奨めします。

特集:がん関連健康食品、栄養補助食品の解説

漢方専門 大山漢方堂薬局 厳選、
がん関連健康食品、栄養補助食品

栄養補助食品(サプリメント、健康食品)には、健康をサポートする力が認められているものも多く、私たちの暮らしに定着しています。
ただし医薬品ではないため、体質などによって効果には個人差があります。

顕著に効いてくる人もいれば、ほとんど効果がみられない人もいるようです。
また人気商品にはたくさんの類似品もありますから、よく見極めて利用するとよいでしょう。

「患者様の症状、体質、病態に、よく適合した、より効果的な、抗がん活性を持つ漢方薬
(生薬、薬草、薬用動植物、健康食品)を、調合致します。」
「まずは、お電話ください。 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ(不安)ナシ)」



がんと「冬虫夏草」
 虫に寄生するキノコで麦角菌に属する。薬効が高いのはコウモリガの幼虫に寄生したもの。
 養分で菌糸の固まりが育ち、やがて虫の体を突き破って土中からキノコの子実体が芽を出す。
 18種類のアミノ酸をはじめ、ミネラル、ビタミンなどが豊富で免疫機能を上げる。

がんと「霊芝、鹿角霊芝」
 マンネンタケ科に属するキノコの一種で、学名はマンネンタケ。
 中国では生薬として使用されてきた歴史があり、免疫力を上げる効果が高いという。
 抗腫瘍作用や抗アレルギー作用、抗炎症作用などがあり生活習慣病などに有効ともいわれる。

がんと「白金・パラジウムナノコロイド」
 強力な活性酸素消去作用を持つ。この作用は、特定の臓器や器官に限られず、速やかな正常化作用があるので、
 活性酸素が関わる病態の全身的な正常化を図れるのが特徴とされている。

がんと「FK-23(エンテロコッカスフェカリス菌)」
 腸管免疫活性を高めて、抗腫瘍効果を発揮すること、抗ガン剤の副作用を軽減することが知られている。
 FK-23は、弱った免疫力を高める事で、ガンを予防したり、できた腫瘍を小さくします。
 現在使用されている抗ガン剤は、ガン細胞を破壊する力も強力ですが、正常な細胞まで破壊し、
 その結果身体に様々な障害が現れます FK-23は、細胞の障害を抑え、抗ガン剤に見られる副作用を軽減します。

がんと「アガリクス」
 ブラジル郊外の山中を原産とする担子菌類(キノコ)で、学名が「アガリクス・プラゼイ・ムリル」、和名をヒメマツタケという。
 成分中には免疫細胞を活性化したり、抗腫瘍作用を持つといわれるβ-D-グルカンなどの高分子多糖類が豊富に含まれる。

がんと「メシマコブ」
 タバコウロコタケ科でキコブタケの仲間に属する多年生のキノコ。
 学名をフェリナス・リンテウスといいサルノコシカケの一種でもある。
 漢方の生薬として知られ、抗腫瘍作用や増殖抑制効果があるとされている。

がんと「AHCC」
 正式には「アクティブヘミセルロースコンパウンド」といい、複数のキノコ(担子菌類)の菌糸体から抽出された物質。
 主成分は低分子で吸収しやすくしたβ-グルカンで、免疫治療法の補助など、医療現場でも取り入れられている。

がんと「フコダイン」
 昆布や芽カブなどの海藻成分に含まれるヌルヌルしたぬめり成分のひとつ。
 抗腫瘍効果や抗ウイルス効果、免疫力強化作用などが認められる多糖類の一種で、ミネラル分も豊富といわれている。

がんと「チャーガ(カバノアナタケ、シベリア霊芝)」
 白樺に寄生するキノコで、サルノコシカケの一種。
 別名をカバノアタナケともいう。 ロシアでは薬用酒として飲用していた。
 抗酸化作用に優れ、制がん作用の高いβ-D-グルカンも豊富に含まれる。
 免疫力が高まることなどから研究が進んでいる。

がんと「プロポリス」
 ミツバチの巣から採られる成分で、樹液とミツバチ自身の分泌物で作られた天然の抗菌物質といわれるもの。
 抗菌、抗炎症作用で知られており、ヨーロッパでは古くから抵抗力を高める生薬として使用されていた。

がんと「サメ軟骨」
 フカヒレなどから抽出される成分で、たんぱく質の含有量が高く、細胞の活性を助けるムコ多糖体も豊富に含まれている。
 コラーゲン、グルコサミン、アルギニン酸、カルシウム、各種ビタミン類が多く、
 血管新生(がん細胞が栄養を得るため血管を新しくつくること)を抑制する効果が認められている。

がんと「雲南田七」
 中国の雲南省に育つウコギ科の多年生植物、田七人参が原料。
 収穫に7年かかるといわれ、中国では生薬として珍重されている。
 活性酸素を抑制し、血液を浄化したり、免疫力を高めるなどの作用で注目されている。

がんと「高麗人参」
 ウコギ科の植物で、オタネニンジンの根を乾燥させたもの。 別名を朝鮮人参という。
 人参サポニンという薬理効果の高い成分が含まれているため、古くから生薬として用いられてきた。
 自然治癒力を高める作用で心身の疲労から内臓機能の低下などにもよいとされる。



  

大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp



漢方専門 大山漢方堂薬局 厳選漢方薬



大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!




佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。

「インターネットで見た!」
とお話ください。

(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、
大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介

" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine


<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00~19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!

大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp

「漢方専門 大山漢方堂薬局の調合漢方薬(オーダーメイド)を、どうぞ、ご活用ください。」

大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432番地
TEL: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
TEL: 0283-22-1389(大山鍼灸に、イザ・ハリキュウ)

 2018 漢方薬局 大山漢方堂薬局

  



「やっぱり、漢方薬は、厳選された生薬を、症状、体質に合わせて、専門家に調合していただき、煎じて飲むのが一番ですね。」
「知識と経験豊富な漢方専門 大山漢方堂薬局に、一度お電話ください! 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)」

漢方薬専門 大山漢方堂薬局
〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432 TEL: 0283-22-1574
E-mail to ohyama@poem.ocn.ne.jp